バナー

自炊で合宿免許が安くなる

合宿免許は1円でも安いほうがいいという節約派に人気となっているのが、「自炊プラン」あるいは「食事なしプラン」とよばれる合宿免許です。

合宿免許には、自動車学校での講習費用やテキスト代、仮免許などの申請費用などに加えて、滞在する旅館やビジネスホテルや観光ホテルに支払うことになる宿泊費が大きな割合を占めています。宿泊費には、毎日の朝食と夕食の食事代も含まれるため、食事代を節約することで、合宿免許全体の費用を圧縮することが可能になります。


食事なしプランでは、旅館やホテルではなく、ウィークリーマンションやマンスリーマンション、企業の寮、空いている民間のアパートやワンルームマンションを借り上げるなどして、宿泊先を安い料金で確保しています。

そのため、費用はAT車限定で20万円以下という驚きの低価格を実現しています。

食事は自炊するか、近くのレストランや食堂で外食するか、お弁当屋やスーパー・コンビニのお弁当を利用するかになります。
食費を少なくするには、自炊するのがよいでしょう。

食事が用意されていないプランでは、自炊する人が多いため、炊飯器やフライパン、食器などの調理器具があらかじめ用意されており、これらを無料で借りることができます。



普段から料理を作っている人なら、自分の家と同じように調理ができるため、違和感なく生活できるでしょう。

合宿免許関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

料理が苦手な人でも友達と一緒に食事なしプランに申し込んで、一緒に料理を作れば問題ありません。